倭鍼堂

体に刺さない鍼ってご存じですか・・・?

皆さんは鍼と言うと、当然体に刺すものだと思いますよね。
しかし、全く体に刺すことなく治療ができる鍼もあるんです。 それを『古代鍼』といいます。 見た目は通常の鍼と違い、長さは約7cm太さ約2mmとずいぶん大きいです。これを皮膚に接触して刺激すると病気が良くなります。

体に刺さない鍼ってご存じですか・・・?

なぜ病気が良くなるのか?

東洋医学では、気血が十分にめぐっている状態が健康であり、止った状態が死である、としています。この気血ふが、大きく分けて、体の表面を流れるものと体内をめぐるものに分けられます。私たちは、体の表面を流れるものを「衛気」、体の体内を流れるものを「営気」とよんでいます、古代鍼は体表のツボに鍼を接触させることにより、この「衛気」を刺激する治療法なのです。 体表をめぐる気を動かすことによって治療することが、即ち刺さない鍼ということです。しかし当然古代鍼は誰にでも、またどんな病気にも適応するわけではありません。

なぜ病気が良くなるのか?

どんな人に効果があるのか?

① 小児の治療

子供は大人に比べ「陽体」といって、気のめぐりが強く早いのが特徴です。なので少しの刺激でも十分反応しますので、古代鍼でも十分に変化します。

② 極めて敏感な患者

体質によって、わずかな刺激でも大きな変化をおこす人がいます。過敏体質とでもよべるものですが、このような方に刺して刺激する治療では強すぎる場合が多いからです。

③ 気の大きく弱った患者

大きな病気などで体力が低下した方、生気の衰えた人などには通常の治療では刺激過剰となることが多いからです。

効果がない方

肉体労働をされている頑丈で皮膚の暑い方にはあまり効果はないとされています。

どんな人に効果があるのか?

どんな人に効果があるのか?

ブログ

    お客様の声

    ブログ

    施術時間
    午前
    9:00〜12:00
    午後
    15:00〜19:30
    定休日
    水曜日/日曜日/祝日
    アクセス

    倭鍼堂


    〒581-0802
    大阪府八尾市北本町1丁目1-26-6
    MAP ]

    駐車場
    専用駐車場有り
    最寄り駅
    近鉄線・八尾駅西口徒歩3分
    室生マンション2F6号

    アクセスマップ